FC2ブログ

風俗(デリヘル)クチコミ情報サイト【当たり嬢レポート】 管理者ブログ

風俗(デリヘル)クチコミ体験情報サイト!「当たり嬢レポート」!!東京・神奈川を中心とした全国の“当たり嬢”を紹介するクチコミサイトの管理者ブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「渋谷 吉祥寺 西新宿 デザインリング東京本店 / りか 嬢」
32 165cm B85 (C) W57 H86
[ 写真はコチラ ]

79 ★★★☆☆

今回、初めて渋谷で待ち合わせしました。着信があるが、日曜日ということもあり人通りが多く、右往左往していたら彼女から気が付いてくれ無事出会えました。ロングヘアーにすらりとした体型、なかなかのものです。彼女のリードで歩き出し、ホテルへ案内される、さすが激戦地区、リーズナブルの割には部屋が綺麗でお風呂が大きく、コスパの良いホテルです。

部屋へ入ると、彼女がテキパキとお風呂の準備やらを進め、一段落するとソファで雑談、受け身か攻めか、なんて話をして、やる気満々なのかと思わせる。お風呂へ行きましょうと促されると、彼女が背中を向け、ワンピースのチャックを下してとお願いされる。男心をくすぐらされる。ワンピースを脱がせると、抱き付き胸の膨らみに触ると、「ダメェー私胸が無いんです。」と後ろを振りかえる。確かに触った感じパッドを入れているようだ。髪を束ねながらの後姿、黒の下着が艶めかしい。

お風呂で見ると確かに、胸は小さいが乳首が大きく、起っているのにそそられる。僕は、巨乳マニアではないので程よい大きさである。丁寧に洗ってもらい湯船に浸かる。彼女も入ってきたので、おしりをツンツンすると、熱いの苦手なのベッドでしましょうとスグに出てしまった。

ベッドに入ると、彼女もスグに入ってくる。束ねていた髪を下してくるなんて、後ろから攻撃した時の髪の乱れる姿を思うと堪りません。寝ころんで軽いキスを繰り返していると、彼女の厭らしいスイッチが入ったのか、彼女から積極的に抱き付いてきて、舌を絡めるキスをする。そのまま、縺れ合うように抱き合うので、僕も興奮させられ、強く抱きしめ足を絡めあったり、全身を撫でまわしてあげたりと身体全体での愛撫を繰り返す。舌を、首筋や脇の下へ這わせ、背中やおしりを舐め回し、最後、焦らすように大きめの乳首に吸いつき、一方の乳首を指で転がすと甘い喘ぎ声を聞かせてくれる。
乳首を甘噛みしたり舌で転がしながら、指をお臍から下へと這わし一番敏感な部分を撫でると、そこは泉のようにトロトロの愛液で濡れ濡れの状態、流れるような勢いで溢れている。こんなトロトロ濡れ濡れの嬢に出会ったのは初めて「すごい、ピチャピチャ音をたて愛液が溢れてくるよ。何で、こんなに濡れてるの」と言うと恥ずかしそうに眼を伏せる。足を開かせると、ピンク色の割れ目の周りも滴るように濡れている。僕も、濡れ濡れの割れ目に興奮させられ、愛液を舐めるように割れ目へ舌を這わせレロレロしてあげていると、「気持ちいい、クリを舐めて」とお願いされる。「クリはどの辺かなぁ」と意地悪く言うと、身体を捻りながら「ここ」と指をさす。お願いに応え、クリを存分に舐めてあげてると、荒い吐息を交え「あ~ダメ、イキそう」といいながら、足で僕の頭を挟みながら昇天してしまった。

今度は、私がと言うと、時間を掛け全身を舐めあげてくれる。そのあとに、亀頭をパクと咥えたと思ったら、そのまま咥えこみ口でしごいてくれる。しばらくシュポシュポ咥えているとギンギンに硬くなったのを確かめ、「これクリにあてて」とお願いしてくる。もちろんである。こちらこそお願いしたい。彼女が寝ころんで足を拡げるので、両足を押さトロトロ濡れ濡れの割れ目へ硬くなった肉棒を当て腰を動かしてあげる。肉棒にトロトロが絡まり気持ちいい。彼女も「あん、気持ちいい」と言いながら厭らしい潤んだ目を向けてくる。
バックから攻めようと思ったら、今度は私が上になると言い僕の上に乗るなり、自ら腰を動かし始める。僕を見つめながらの、彼女の腰使いが堪らない。両手で乳首を摘まんだり転がしてあげると、「あんあん」言いながら腰を激しく動かす。彼女の割れ目のヒダが肉棒を押さえこみ、亀頭に擦れあい、体全体に快感が渦巻いてくる。気持ち良さに、僕も彼女のおしりを掴み激しく動かすと、トロトロに塗れた割れ目のヒダが、さらに肉棒全体に擦れ刺激してくる。僕は、快感の絶頂に達して、白濁した液を発射する。

彼女が、たくさん出たねといいながらテッシュできれいにしてくれる。そのあと、彼女に抱かれながら、しばし寝てしまう。シャワーにいきましょと、起こされる。シャワーを浴びて、服に着替え終わると部屋をでてホテルの前でバイバイしました。



スポンサーサイト
[PR]

[PR]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。